焼戻し脆性

英語表記:temper brittleness

Ni-Cr鋼などを焼戻しする場合、300℃及び500℃付近の温度で保持したり、その温度域を徐冷したりすると硬さには変化が無いにも拘らず、靭性が低下する現象のこと。

お問い合わせ

本社
TEL(03)5219-2525
関西支社
TEL(06)6202-0535
関東物流加工センター
TEL(0276)73-8111

 ページトップに戻る