転炉製鋼法

英語表記:converter steel making process

製鋼法の一種。製鋼炉として転炉と呼ばれる樽型或いは西洋梨型の炉を用い、炉内に入れた溶銑中に酸化性ガス(空気、酸素、水蒸気、炭酸ガスなど)を吹き込んで溶銑中の不純物を酸化除去するとともに、その際発生する酸化熱を利用することによって、外部から熱の補給を行わずに鋼を溶製する方法。

お問い合わせ

住商特殊鋼株式会社

本社
TEL(03)5219-2525
関西支社
TEL(06)6202-0535
北関東支店
TEL(0276)73-8111

 ページトップに戻る